フレンに会いに行く 会いに行けなかった… Tales of Vesperia #2

フレンに会いに行く 会いに行けなかった… Tales of Vesperia #2
スポンサーリンク

フレンに会うため花の街ハルルを目指す!(予定)

お城の牢屋に入れられてしまったところから再開です。

フレンに会いに行く 会いに行けなかった… Tales of Vesperia #2

牢屋で10日間くらい大人しくしていれば家に帰ることが出来るという算段でお努めをするつもり?だったユーリですが気になるのは魔導器が暴走して水浸しとなった街のこと。

独房の隣の部屋にいる物知りなおしゃべりおじさん(オープニングのアニメで弓撃っていた人なのでそのうちたぶん仲間になる予定)も下町の様子は分からないみたい。

そんな中、魔核泥棒?のモルディオの話となりうっかり居場所を話していしまう物知りおじさん。モルディオは学術都市アスピオにいるらしいです。しかも天才魔道士とか。そんな人物がわざわざ帝都で詐欺行為なんてするものなのかな。

フレンに会いに行く 会いに行けなかった… Tales of Vesperia #2

このあと物知りおじさんは騎士団長のアレクセイに連れて行かれてしまいますがその時こっそりユーリに牢屋の鍵をくれました。いま振り返るとこの牢屋の鍵が始まりでユーリは帝都を出ることになるんだな…。

お城から下町を目指すよ

物知りおじさんから貰った鍵を使ってユーリは牢屋から出ます。さすがに脱獄は洒落にならないので下町の様子を確認したらすぐに戻るつもりでの脱獄です。バレなきゃ脱獄じゃあないんだよってことですよ。

フレンに会いに行く 会いに行けなかった… Tales of Vesperia #2

ここからはシンボルエンカウントの戦闘をしながらお城の探索をしていきます。お城は″宝箱を全部取ろう”とか思わなければ苦労も苦悩もせず探検を楽しめると思います。2対1の戦闘が地味に厳しのでアップルグミでHPを回復しながら進みました。

下町を目指す前に女の子を助けるよ

探索を進めていると女の子が騎士に追われている場面に出くわします。身も蓋もないですがオープニングのアニメに登場する人物その2です。この方もそのうち仲間になることでしょう。

フレンに会いに行く 会いに行けなかった… Tales of Vesperia #2

騎士たちはこの人物に敬語で話しているので女の子はそれなりの身分の人ということなのでしょう。城から出るだの出さないだのと押し問答が続くなか″フレン″という人物の名前が出たことでユーリの行動は決まりました。

フレンに会いに行く 会いに行けなかった… Tales of Vesperia #2

女の子を助けるユーリ。その後、紆余曲折がありましたが危険のない人物だと判断されたようです。それもこれもフレンがユーリの話をしてくれていたおかげ。コミュニケーションは大事だなあー。ともかく彼女はフレンにあって話がしたいという事なのでまずはフレンの部屋を目指します。

フレンの部屋で刺客と戦う

フレンの部屋はきれいに片付けがされていました。コレは遠出かもなと見当をつけるユーリでしたがフレンに身の危険が迫っている事を伝えたいと言う少女にとっては気が気ではない事態です。

という事で色々やり取りがあった結果一先ずこの女性を下町まで連れて行くということになりました。フレンはユーリにとっても親友のはずなのですがフレンの力を信用しているのか2人の態度には少し温度差ありますね。

フレンに会いに行く 会いに行けなかった… Tales of Vesperia #2

今後の方針が決まったところでボス戦です。フレンに身の危険が迫っているという話でしたがまさにそのフレンに差し向けられた刺客が登場したのです。しかしユーリのことをフレンと勘違いしているみたいです…フレンの髪色くらい教えておいた方が良かったかも。

フレンに会いに行く 会いに行けなかった… Tales of Vesperia #2

ボスのザギはとても強いです。通常攻撃でも特技でも技の終わりの隙にきっちり攻撃を返してきます。なんか技も避けにくいですししかも連戦なのですこの戦い。ここが溜まっていたアップルグミの使いどころでした。2戦目は2対1でこまめな回復もあるので死ぬことはありませんでしたがあまりのやられっぷりに「このゲームやっていけるのか?」という疑問が沸々と浮かんできましたよ。

フレンに会いに行く 会いに行けなかった… Tales of Vesperia #2

「オレ、フレンに見えないよな? 」「全然違いますよね」勘違いの刺客ザギを撃退したところでようやく彼女の名前がエステリーゼだと分かりました。これで女性だの彼女だの人物だの少女だの言わずに済みます。このあと着替えを済ませるとエステリーゼとの2人PTになります。敵も3体とかで出現するようになるのでおあいこですが。

帝都 ザーフィアスから結界の外の世界へ

このあとお城の中にあった隠し通路から地下水路に入りそこから貴族街へと出ることが出来ました。隠し通路の出口はモルディオの屋敷でした。なにか意味あるのかなコレ。

フレンに会いに行く 会いに行けなかった… Tales of Vesperia #2

エステリーゼはフレンの後を追い花の街ハルルを目指すことになりました。フレンは騎士の巡礼に出るということで最初に花の街ハルルを訪れるのが慣わしらしいのです。しかし前にも書きましたが発色がいい。

エステリーゼとは街の出口まで案内したらお別れです。ま、当然そうはならないのですが結界の外の世界へ出て花の街ハルルまでエステリーゼは一体どうやって行くつもりだったのだろう。

フレンに会いに行く 会いに行けなかった… Tales of Vesperia #2

そうはならない理由、それはユーリが脱獄犯になってしまったからです。もう牢屋で臭い飯を少し食べるくらいでは済まなそうです。それにアスピオにいるモルディオも見つけないといけません。そうなると一旦街を離れてほとぼりが冷めるのを待ちつつモルディオ捜しがベストなのかもしれません。

フレンに会いに行く 会いに行けなかった… Tales of Vesperia #2

というわけでエステリーゼの愛称も勝手にエステルに決まり結界の外の世界へGO!となりました。結界の外は恐ろしい魔物が跳梁跋扈する世界。果たしてどんな冒険となるのでしょう。まず目指すのは北にあるデイドン砦です。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました