僧侶でデルメゼ3に初挑戦してみた

今更ですがようやくデルメゼ3に挑戦、なのです

スポンサーリンク

初のデルメゼ3は…でした。

これまで行こうか行くまいか散々悩んでいたデルメゼ強さ3ですがバージョン5.5前期の僧侶強化のおかげでなんとか僧侶で討伐の芽も見え始めたようです。

そしてそれにつられてようやく私のデルメゼ討伐のモチベーションも上がって来ました。

という事でなんというか…現金なものですが僧侶でデルメゼ強さ3の討伐、今更ですがこれから頑張って行きたいな、と思います。

戦闘前に覚えたこと

デルメゼ強さ3と戦いたいのは山々ですがまずは座学です。

実地に経験しないと分からない事も多いですがデルメゼの持つ強力な攻撃であるジャッジメントブルーには事前に来ることが予測可能になる行動パターンがあるのでそれだけは覚えて挑みたいと思います。

行動パターン…いわゆる行動テーブルというやつです。

最強デルメゼ3攻略 前衛の留意 : モミトーク
どうもコル団長です。皆さんお久ぶりです。いやぁずいぶん記事をさぼってしまいました。ビンタ転生、お洒落スパ、キャッツコイン金策、色々記事が滞っております・・・。今日はアストルティアの民が討伐に精を出しているであろうデルメゼ3について記事を書こうと思います。

行動テーブルについてはこの方のブログを参考にさせていただきました。詳細はこちらのブログでどうぞ。

まとめると?デルメゼの行動にはA・B・Cと3つの行動テーブルがあってそれぞれのテーブルで使ってくる特技というのが違います。

例えばHPが50%~25%の場合、デルメゼはジャッジメントブルーをCのテーブルの時にしか使ってきません。

なのでCのテーブルに移行する前のBのテーブルの時に対策を打っておけば安全にジャッジメントブルーを切り抜けられる…とそういう事になります。

ただ更に細かく分類するとデルメゼのHPが50%~25%の時と25%以降の時、2種類のA・B・Cの行動パターンが存在していたり25%以降の時は予備行動なしに打ってくるAジャッジなるものも存在しているようでこの辺はやっぱり経験を積まないとどうしようも無さそうです。

Aテーブル(ランダム)Bテーブル(ランダム)Cテーブル(上から順番に確定行動)
コバルトウェーブコバルトウェーブファントムボール
通常攻撃ダークネスブレスジャッジメントブルー
ファントムボールレプラコーンコード絶対零度
魔蝕ファイナルレイ分散する災禍
ターコイズブラストスタンバーストファントムボール
BテーブルへCテーブルへAテーブルへ戻る
これはHPが50%~25%の時の行動テーブルです。

HPが50%~25%の場合、Bテーブルに入っている特技のどれかを使うと次にファントムボール→ジャッジメントブルーと来る(ハズ)のでBテーブルの技をとにかく覚えてその技を使った時に対策を取るという事ですね。

でもBテーブルの時にレプラコーンだったりコバルトウェーブが来たら回復しないといけないからもしかしたらAテーブルの時に行動しておかないと手遅れになっちゃうのかな…とか思ってみたり…ていうかそうなりますよね。

難しい。

あ、対策を取ると書いてありますが具体的な対策は3つ

  1. ファランクスをする
  2. アイギスの守りをする
  3. やいばのぼうぎょをする(ファランクス・アイギスが切れた場合)

となります。やいばはジャッジメントブルーに合わせてですね。もちろんHPは全回復させておきます。

HPは2人合わせて1560。1人あたりだと780必要になります。賢者のいやしの雨がないのでHPを盛らないとダメみたいです。

※HPが780の場合ファランクスはいらないんでしたっけ。うろ覚え。

Aテーブル(ランダム)Bテーブル(ランダム)Cテーブル(上から順番に確定行動)
コバルトウェーブコバルトウェーブファントムボール
通常攻撃ダークネスブレスジャッジメントブルー
ファントムボールレプラコーンコード分散する災禍
ターコイズブラストファイナルレイレプラコーンコード
ジャッジメントブルースタンバーストファントムボール
BテーブルへCテーブルへAテーブルへ
こちらはHPが25%以降の時の行動テーブルです。

HPが25%以降の時もテーブルの内容はほぼ変わらないので基本的な対策はHPが50%以降の時と同じで良さそうです。

ただ25%以降ではランダム行動のAテーブルにジャッジメントブルーが入っていて…これは一体どうすれば良いのでしょう。

何の前触れもなくジャッジメントブルーとかよく分からないです。

あとはCテーブルの分散する災禍→レプラコーンコードもやらかしそうで不安ですね。気をつけないと。

とまあ戦闘前に私に出来ることはコレくらいなのかな。

デルメゼに行ってみる

という事で頭に知識を詰め込んでデルメゼ戦に行ってみたのですが肝心のデルメゼ戦については特に語ることはありません。ベストリザルトは10分4秒生存、驚きの(それほど驚いてはいない)白でした。

なので上に書いたAテーブルだのBテーブルだのという知識が今回の戦闘で生かされることは全くありませんでした。カナシー。

とにかく戦闘を継続させることすら至難の業でした。

後衛は楽なので何も言うことはないです。

その割には祈りを切らしたままベホマラーをしたり我ながら酷かったです。反省しています。

僧侶構成は人気無し?

そんな事が私に分かる訳ありませんが緑玉を見ると僧侶はまもの使いに次ぐ数の多さで人気の程は良く伺えました。

ただ、それだけの数を常に見掛けるというのは誘われずに単に余っているだけと言えなくもないので僧侶で遊びたい人は多いけど僧侶構成で遊びたいと思う人は少ないのかなーとか思ってみたりもしています。

僧侶構成は賢者のいやしの雨がないので前衛もHPを盛るというこれまでとは違う装備にしないといけないし立ち回りも少し変わるのでそこの部分がいまいち受けが悪いのでしょうか。

私の場合、午前0時から午前5時過ぎまで緑玉を出し続けてパーティーを組めたのは6回でしたから、これが多いか少ないか分からないけれどなんか物足りない感じはありました。

賢者の方が誘われやすいならもう賢者でいいやみたいな気持ちになってしまいましたよ。

パーティーを組んでとにかく戦えないと経験を詰めないですからホントどうしよう。

賢者の方が良いなら賢者にするよ…もう。雨の更新大変だけど。

スポンサーリンク

これからデルメゼどうしよう

デルメゼの名前を黄色にも出来なかった挑戦初日でした。新しい遊びに挑戦できるのは楽しいけど戦闘を続けることすら困難な難易度とは思ってもみませんでしたからちょっと困惑しています。

動画だとみんな簡単そうに戦っているんだけどなあ。

現実は厳しいですね。

ただこれで諦めることはないです。なんとか心と身体を健康に保ちつつ挑戦し続けていけたらな、と思っています。

朝の5時までゲームをしていると疲れがなかなか抜けなくて大変なんです。年は取りたくないものです。

心の方はまあ、あまり根を詰めずに気楽に遊べたら良いのだけど一緒のPTを組む相手もいることだしなかなか気楽になんて出来ないですよね。

ああ、それにしても疲れました。これから強さ3の日は毎回こうなるのかな…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラクエ10
萎えと飽きの狭間で

コメント

タイトルとURLをコピーしました