スーパーボンバーマンR オンライン を遊んでみた!

基本料金無料のボンバーマンです

スポンサーリンク

64人で戦う…それがSuper Bomberman R Online!

2021年5月27日に配信の始まった基本料金無料のオンラインアクションゲーム、Super Bomberman R Onlineを遊んでみました。

このゲームはクロスプラットフォーム対応で”PC版””Switch版””PS5版””PS4版”に加え後日配信予定となる”Xbox Series X版””Xbox One版”のプレイヤーと遊ぶことが出来、マッチングに困ることは無さそうです。

ちなみに私はボンバーマンは初プレイ。
でもルールぐらいは知っているので多分大丈夫。

とにかく64人で争うバトルロイヤル風味なボンバーマンなんてワクワクするじゃないですか。という事で心密かに楽しみにしていたんですよねこのゲーム。

Super Bomberman R Online 64人対戦のルール

64人で対戦といっても1つのフィールドに64人が集まって戦うわけではなく最初は4人のプレイヤーしかいないエリアからのスタートとなります。

戦闘には制限時間が設けられていて、その制限時間が来ると戦闘は一旦お休み。
天井からブロックが落ちてくるまでのカウントダウンが始まります。

画面の両端にある16個の四角形が自分や他のプレイヤーのいるエリアの簡易表示になります。
青枠のマップが自分のいるマップ。
赤い!のマークがついているのが天井からエリア全体にブロックが落ちてくるマップです。

安全なマップにたどり着けないとブロックに押しつぶされてゲームオーバーです。
プレイヤーはカウントが0になる前に安全なマップを目指して移動することになります。

そして安全なマップにたどり着いたら今度は明滅するオレンジ色の床に注意です。
カウントダウン終了後、その明滅する床にはブロックが落ちてくるのです。

安全なマップにたどり着き落下するブロックの回避が無事終わると今度は生き残った者同士で”死合う”訳です。

その他のルールは基本?ボンバーマンと同じだと思います。

爆弾を当てて他のプレーヤーの爆殺を目指すだけです。

戦闘はライフ制になっていて初期状態ではライフとなるハートを2つ持った状態からスタートとなります。
攻撃を2回受けるとゲームオーバーです。
ちなみにライフを回復するアイテムは他のプレイヤーを倒すことで入手可能です。

ゲーム開始時にはチュートリアルもありますしロード画面にもヒントが表示されるしなんといっても単純なゲームですから遊んでいる内に自然とルールは理解できると思います。

Super Bomberman R Online遊んでみる

それでは早速遊んでみます。

メインメニュー画面には色々な項目が表示されますがいちいち読むのが面倒くさいのでいきなり64人対戦の”クイックマッチ”を始めてみます。
まあ遊んでいればそのうち色々と分かってくるでしょう。

死んでも他の人に迷惑がかからないですからね、このゲーム。

マッチングするまでに通信が何回か切れたりもしましたが何度か申請を繰り返していると無事マッチング完了。

次は操作するキャラの選択です。
キャラクター毎に基礎能力や成長限界、使えるアイテム等に違いがあるので自分好みのキャラを選びます。
オススメは成長限界が高く色々なアイテムを使いこなせる白ボンと基礎能力の高いピンクボンです。

ここでは操作キャラの選択以外にもアクセやコスチュームの装備や登場ポーズの変更等も出来ます。

そして少し長めのロード画面を経ていよいよ対戦スタートです。

初めてのボンバーマンですが非常に穏やかなスタートとなりました。
皆さん他のプレイヤーへの”殺意”が低めで攻撃を余りしてこないのです。

ボンバーマン初プレイの私としてはありがたい限りです。走り回りながら爆弾を設置してみたり色々と試してみます。
ちょっと移動速度が早め?なのかな。爆弾を置く場所が1キャラぐらいずれちゃいます、がこれは慣れでどうにかなりそうです。

最初の制限時間内までに1人が爆弾に挟まれて死亡し、3人だけで次のエリアに進むことに。
この戦い以降もスタート地点のマップではあまり荒れることのない穏やかな展開が多かった気がします。

初ボンバーマンのリザルトは『30/64』でした。結構生き残れちゃうものですね。このゲーム。

ちなみに”殺意高め”の人達が集まるマップに放り込まれるとあっという間の即殺です。
最低記録は『61/64』でした。
ゲームが始まってすぐ、あれよあれよと言う間に殺されちゃいました。
殺す気満々の人はこっちに向かってズンズンと圧を纏って進んでくるから怖いですね。
『あ、この人は人を殺す人だ!』ってすぐに分かります。

今回遊んだ中で私の最高順位は『4/64』でした。
周りの人が殺し合いをしている中、何故か自分には殺意が向いて来ず、結果として生き残ってしまいました。

ここまで来ると逃げているだけではダメで相手を倒すためのテクニックが必要だと感じました。
逃げ回っているだけだと相手の攻撃の激しさに頭がパンクして自滅しちゃうんですよ。
どうにかして先手を取って相手を逃げ回らせる事が出来れば良いのですけど難しいです。

でもこの順位は悔しいけど嬉しいですね!

基本料金は無料なので気楽に気楽に

まだまだ始めたばかりで分からないことだらけです。

ブロックを超えて爆弾をポンポン飛ばされて頭が???になるような死に方もあったし…あれは一体何だったのだろう。

とにかく基本料金が無料ですから気楽にはじめて気楽に終われる遊ぶ側にはとても(都合の)良いゲームだと思います。
死んでも他の人に迷惑を掛けないので気はホント楽です。

最後に課金要素についてですが現在は使用キャラクターが14人増える(+プライベート対戦ルームの作成が可能になる)プレミアムパック1100円(Steam版)というものがあるみたいです。

使用キャラクターの選択肢はとても多くコナミの豊富なIPを伺い知ることが出来ます(メタルギアシリーズやサイレントヒル、悪魔城ドラキュラやポップンミュージックのキャラに加えなんとビックバイパーまであります)。

しかし私は課金についてはちょっと様子を見させて貰います。
使用キャラクターを14人解放出来てもこの戦い、最後は人間性能の勝負になるので、その部分については自信を持って自信が無いと言える私はちょっと課金には後ろ向きにならざるを得ないのです。

これからの盛り上がり次第です。私とこのゲームの…。でも多分課金はしないです。

という事で”スーパーボンバーマンR オンライン を遊んでみた!”でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました