第6回フィッシングコンテスト『マダイグランプリ』へ行って来ました ドラクエ10

とにかく釣り続けます

スポンサーリンク

第6回フィッシングコンテスト…今回こそはトロフィー欲しい!!

私にとってのドラクエ10、時間泥棒イベント、その一二を争うのがこの『フィッシングコンテスト』です。空き時間があると…いや無くてもついついルーラで釣りポイントに向かって釣りを初めてしまう中毒性がこの『フィッシングコンテスト』にはあります。

前回のマグログランプリもどっぷりとハマり込み釣り三昧の日々を送ってしまいましたが今回も確実にそうなる事でしょう。

個人的な事情を言えばネットの回線がゴールデンタイムになると非常に調子が悪くなるという現実がありまして、あまりその時間帯他の人と遊ぶことが出来ないんです。途中で落ちたりすると迷惑をかけてしまいますから。

そこへ行くとこの『フィッシングコンテスト』は完全ソロプレイの一人遊び。私が落ちようが落ちまいが誰にも迷惑は掛かりません。私にとっては何時、どの時間帯でも気楽に遊べる『私に優しいコンテンツ』という事になるのです。

という事で早速釣りにGO!!…の前にフィッシングコンテストの進め方や報酬などの紹介を。

第6回フィッシングコンテストの進め方

フィッシングコンテストの進め方はとても簡単。

まず、レンドア南にいる『釣り師範ナツリ』に話しかけこのフィッシングコンテストで使う専用の釣り竿とルアー『旬の釣り竿と旬のルアー』を貰います。この『釣り師範ナツリ』からは参加ルールの説明などを聞くことも出来ます。

あとは『旬の釣り竿と旬のルアー』を装備して指定の釣り場へと移動、『旬のマダイ』を釣るのみです。指定の釣り場は『コルット地方』『ゴブル砂漠西』『プクレット地方』になります。

釣りレベルが低くても参加は大丈夫!!

このイベントは誰でも参加できるのかな?とちょっと疑問に思ったので体験版の釣りレベル2の低レベルキャラでマダイ釣りを試してみた所、”ゆるめる・旬の力・全力”をキッチリ使うことで失敗することなく釣ることが出来ました

これは釣りレベルが低くても十分参加可能なイベントと言って良いと思います。釣っている内にレベルも上がりますし一石二鳥です。

ちなみに旬のマダイの獲得経験値は150P、おさかなコインは400枚弱貰うことが出来ます。黄金の旬のマダイの場合このコインが1000程に増えます。

※釣りレベルが2なのはフィッシングコンテストの参加資格を得る過程で自然にレベルが上ってしまうからです。

最後に釣り師範ナツリに報告

最後に釣った『旬のマダイ』を釣り師ナツリに見せれば釣り上げた『旬のマダイ』の登録が完了。要件を満たせば様々な報酬を貰うことが出来ます。

第6回フィッシングコンテストの報酬など

第6回フィッシングコンテストの報酬は前回とほぼ変わらずです。

サイズ別報酬

サイズ別報酬は最大サイズか最小サイズを釣り上げた上位100位までのプレイヤーに『トロフィー』『マンタドルボード』『フィッシャーマンアーチ』が、101位から200位までのプレイヤーには『マンタドルボード』と『フィッシャーマンアーチ』を貰うことが出来ます。

ランクイン報酬
1位第6回釣りコン・金 マンタプリズム フィッシャーマンアーチ500万G
2位第6回釣りコン・銀 マンタプリズム フィッシャーマンアーチ250万G
3位~10位第6回釣りコン・銀 マンタプリズム フィッシャーマンアーチ100万G
11位~50位第6回釣りコン・銅 マンタプリズム フィッシャーマンアーチ50万G
51位~100位第6回釣りコン・銅 マンタプリズム フィッシャーマンアーチ10万G
101位~200位マンタプリズム フィッシャーマンアーチ5万G

上位100位、200位はともかくこちらのサイズ別報酬は頑張れば全部取れそうです。

サイズ別報酬
1320 cmエルフの飲み薬 3個
1316 cm身代わりのコイン 4個
1314 cm金の錬金石 25個
1312 cmメタル迷宮ペア招待券 2個
1310 cm宝珠の香水 4個
1308 cmスペシャルふくびき券 20枚
1306 cm金の錬金石 15個
1304 cmスペシャルふくびき券 10枚
1302 cmお庭用の旬のスイカ 6個
1300 cm釣りコン印章
1280 cmおうち用の旬のスイカ 6個
1260 cmふくびき券 20枚

ドラクエ10の報酬としてはもはやお馴染みの印章ですが欲しいものは欲しいです。

ピタリ賞

今回のピタリ賞のサイズは 1333.3 cm

こちらの報酬も前回に引き続き『タコメットの釣り傘 』です。これも欲しい!! まあ貰っても自分ちの庭で装備して眺めるだけですが…。

すしざんまいコラボ

今回も『すしざんまい』とのコラボがあります。なんと最大ランキングの10位までとピタリ賞から抽選で30名に『すしざんまい』のお食事券のプレゼント。30000円分のお寿司かあ…良いですねえ。

副賞
最大ランキング
1 位
すしざんまいお食事券 30000円
最大ランキング
2位 ~ 10位
すしざんまいお食事券 10000円
ピタリ賞
抽選で 30名
すしざんまいお食事券 3000円

それ以外にも期間限定コラボメニュー『ドラゴンクエストX オンライン コラボ記念 たいと人気のにぎりセット (お椀付き) 2178円(税込み)』の販売もあります。期間は2021年9月29日(水)11時00~10月17日(日)まで。

こちらのメニューを注文すると『お寿司スライム帽(アタマ)』なるアイテムとメタル迷宮ペア招待券が3個貰えるアイテムコード券が入手できます。

2021ドラゴンクエストXコラボ
2021ドラゴンクエストXコラボ

今回のコラボメニューの販売店舗の確認は『すしざんまい』の公式Webサイトからどうぞ。私の場合、最も近場の店は横浜になります。新幹線ならすぐだけど横浜…行ったこと無いし怖いから遠慮しておきます。やっぱり1地方都市如きに店は出しませんよね…。

それではフィッシングコンテスト開始です

長々と説明が続きましたがようやくフィッシングコンテストの開始です。3つある釣り場から今回は『コルット地方』を選んでみました。前々回は『アグラニ地方』前回は『ゴブル砂漠』とドワ続きだったのでちょっと目先を変えてみようかなと、それだけです。

ちなみにプクレット地方は交通の便が非常に悪くオススメしません。私の目が節穴でなければ町も、ルーラ石を登録できるポイントも近くに無く、ここで釣りをしている人がどうやってこの釣り場まで移動しているのかちょっとミステリーです。

『コルット地方』の釣り場はレーンの村から東へ進んだ所にある海岸です。ゴブル砂漠西に比べると釣りの出来るエリアが大分狭く人と人との距離が近いです…。ここは海岸が東側にあるので海から登る朝日を眺めながらの釣りが楽しめるのがポイントです。

まずはサイズ別報酬を全て貰うため『1320cm』以上の旬のマダイを釣り上げる事が目標になります。

上にも書きましたが釣りレベル2のキャラでも釣れるくらいですから釣りの難易度としては低いです。ハッキリ言って単純作業ですがこういうのが得意な私に取っては特に苦ではありません。

 

結局1320cm超えの『旬のマダイ』は僅か10分足らずで釣ることが出来ました。サイズ別報酬なんて参加賞みたいな物ですからここまでのサイズは釣りやすくしているのカナ。…がそれにしてもアッサリでした。

その後、私は『コルット地方』を後にし『ゴブル砂漠西』へ戻ることにしました。コルット地方の人の密集具合に馴染めなかったのです。しかしこちらはこちらで大混雑であまり変化は無かったかもですネ。サーバーも珍しく”ふつう”ばかりで人がとにかく多かったです。

毎度のことですが、イベントになると何処にこんなに人が居たのか?、とビックリするくらいに人で溢れるのがドラクエ10のお約束ですが…ホントに普段はこの人達、何処にいるんでしょう。

フィッシングコンテスト 本日の釣果

前にも書いた気がするけどドラクエ10が終わる前に1つぐらいは何かSPなアイテムが欲しいですからとにかく頑張るのです。という事で本日の釣果です。

本日は最高サイズが1335.1cm、最小サイズが879.5cmという結果に終わりました。ちなみにフィッシングコンテスト初日の午後8時、初集計の時点での最大サイズは1605.7cm、最小サイズは257.7cmでした。

100位以内に入ればトロフィー以下全ての報酬が貰えるので1位のサイズは余り重要ではないかもしれませんが…ハイ箸にも棒にもかからないサイズでした…。

初日だけはランキングに載ることの出来る可能性大なので期待したんですけどダメダッタ…。

ピタリ賞は1333.2cmでした。0.1cmの差です…でもこういうのって惜しいようで全然惜しくないんですよね。ピタリ賞以外は等しく全てハズレですものね…。ただ感覚的に1300cm付近のマダイが良く釣れている印象はありましたから『ピタリ賞』、ちょっと期待しちゃいます。

スポンサーリンク

明日からはも少し抑えめで頑張る

今日は日課は同盟バトル、あとはチームクエストを少々に抑えてフィッシングコンテストを全力で頑張りましたが明日からは日課もちゃんとこなしつつ釣りを頑張ろうと思います。聖守護者とか一周スルーするだけで戦い方を忘れちゃうから放置とか出来ないんです。

これから聖守護者の指輪も作らないといけないので日課として緩めるわけにはいかないのです。それにまだSPふくびき券のお返しも終わってないけど…それ以外の時間は全て釣りです。釣りですとも!!

という事で
『第6回フィッシングコンテスト『マダイグランプリ』へ行って来ました ドラクエ10』
でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラクエ10
萎えと飽きの狭間で

コメント

タイトルとURLをコピーしました