絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10

絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10
スポンサーリンク

待ちに待った 絶念のアウルモッド実装日来ました!

待ちに待った絶念のアウルモッド実装の日とうとうやって来ました! 私がログインしたのは午後2時過ぎのこと。それでは早速戦ってみます!

絶念のアウルモッドまずは8人バトルで様子見です!

絶念のアウルモッド戦はすでに動画で見ていて必要耐性も使ってくる技もほぼ把握済みです。あとは実戦で技の出るタイミングとか見え方などに慣れるだけという感じですね。

という事でまずは8人バトルで肩慣らし。深淵の咎人たちはこういう遊び方が出来るのが良いところです。

絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10

私は僧侶で参戦です。耐性はブレス100%に毒100%ルベランギス戦で使用した装備の体下を毒耐性に変えただけというお手軽装備です。

絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10

強さ1に限って言えばアウルモッドは弱いです。最速討伐タイムが3分を切る程に…何と言うか弱すぎ?

一応広範囲の巻き込み型の攻撃もあるのですがあまり大きな被害にはならず安定して戦えました

絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10

強さ1の討伐称号は『橙の楔を穿ちし者』8人バトルでも4人バトルでも強さ1を倒すと同じ称号がもらえるみたいです。

8人バトルは3回ぐらい戦って余りにも刺激が無さ過ぎてちょっと飽きてしまったので4人バトルの方を早速挑戦することにしました。

と、その前に絶念のアウルモッドの気になる攻撃など。

絶念のアウルモッドのちょっと危険な攻撃

絶念のアウルモッド戦は懐かしの聖女ゲー相撲をして聖女を一人ずつ丁寧に撒いては剥がされてまた撒いての繰り返し

なのでコイツの使う技はその聖女を剥がそうとする攻撃ばかりです。多段攻撃みたいな聖女殺しな攻撃が全然無いんですね。

聖女を撒く時間は立ち回り次第ですが十分確保できるのであとは慣れの問題なのかな。1回相撲が出来れば3人には撒けるんですよ。

地裂スプラッシュ

絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10

お馴染みの長射程直線攻撃。この技の使用頻度は極めて低くあまりお目にかかることはないかも。開幕にちょっと注意するくらいで一戦で一度も使われないこともあるくらいです。

振り下ろす怒号

絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10

多くの冒険者の魂をネルゲルの元へと送るNO1殺人技二本足で立ち上がった後にハンマーを振り下ろし対象を中心とした範囲攻撃をしてきます。

せっかく撒いた聖女を場合によっては根こそぎ剥ぎ取っていく最悪の技です。しかも使用頻度が極めて高いこの技で剥がされた聖女を如何にスムーズに掛け直せるかが安定した戦線を維持できるかどうかのポイントになると思います。

強さ1ではやいばのぼうぎょで耐えることが出来るみたいです。

終わりなき運命の円陣

絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10

技の発動後、自キャラの周囲に出現する印の色に従って円陣内へと移動するという技。制限時間内に円陣に入ることが出来ないとザオトーンが掛かった状態で死んでしまいます

ダメージ発動までに時間的余裕があるけれど「時間的余裕がある!」と思って行動すると間に合わない事が多いです。

僧侶はこの技の発動後1回、回復行動を挟む必要が大抵のケースであるのでフィールドの真ん中辺りまで移動、待機しておくと後々の行動が楽になるかもしれません。

運命の魔結晶

絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10

運命の魔結晶は発動後それぞれのキャラクターの周囲に出現した印の色に従ってフィールドに出現した赤か紫どちらかの結晶を破壊するというものです。

破壊に失敗するとバフが剥がされた上にデバフが色々発生するので即破壊に行くのですがそうなると相撲は崩れます。そして色々と厄介な事になる事もあります。

絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10

破壊しなければならない色は自キャラのHPの横にあるバフ・デバフアイコンのある場所にも表示されます(終わりなき運命の円陣も同様)。

終末の激震

絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10

エンド攻撃によく使ってくる一旦ジャンプして着地後に発生する範囲攻撃。当たると転ぶ。エンドではなく突然使ってくることもあります。1回攻撃なので聖女があれば耐えられます

その他の攻撃

その他にはおびえの状態異常のある絶対零度幻惑や呪い、耐性の低下などの効果のあるダークネスブレス等があります。

ブレス系の攻撃はレンジャーがテンプレ構成に入るのであまり気にすることは無いかもですね。

あとはダメージの振れ幅の大きい死毒の旋風。HP920で耐えたり耐えられなかったり…ややこしい。

4人で挑むアウルモッド!

いつもいつも思うことですが動画で他人が戦っているのを見るとどんなボスでもものすごく弱そうに見えてしまいます。

アウルモッドも言うが及ばず

でも実際戦ってみると全然違うんです。アウルモッド物凄く強いんだなコレが。

1戦2戦3戦と負け続き。みんな慣れてないのもあるけれど動画とか8人バトルとは勝手の違う展開に頭が???

死亡率NO1技はやはり『振り下ろす怒号』。慣れないとどうしても他のプレイヤーを巻き込んでしまいます。聖女の維持も出来ていなかったりで被害拡大を増進。反省点は多いです。

回復はベホマラーでは全快まで戻せないこともありベホイムとの併用になるのですが使い分けが上手く出来ていなかったりこちらも反省点ですね。

あとは聖女が掛かっているのにザオ待機したりザオが切れているのに回復行動を取ったり…精進します。

絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10

ようやく勝てた! 初討伐のタイムは9分12秒90

一度勝ってしまった後は割とスムーズに勝てる事が多かったです。立ち回りにちょっと自信がついたのか慣れただけなのか殆ど負けることは無かったです。

ただタイムはいつもギリギリ初回の強さ2討伐はこりゃ無理だなとそれはすぐに悟りました。

絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10

…と思っていたのですが寝る前に1戦と思って午前1時頃に1飯だけ戦ってみたのですが5分代で倒せちゃった変な夢見せないでよ…。でもまあ絶念のアウルモッドは気長に遊ぼうと思っています

絶念のアウルモッド強さ1来る! ドラクエ10

絶念のアウルモッドの説明文『深淵の咎人たちのひとり。人間という種族を愛する一方天使こそが高慢で無知蒙昧な存在と知り全てに絶望する。絶念とは諦めること。禍々しき双角の橙色の輝きは美しかった姿の名残か。かつての志の高さだろうか』

深淵の咎人たちって元天使で今堕天使的なナニカ?

スポンサーリンク

絶念のアウルモッド強さ2は気長に戦います

緑玉誘われ待ち勢ですから気長に自分も含めてみんなの腕前が平均的に上がって行くのをじっくり待つしか無いです。

気長って言い過ぎな気もしますがホント気長にです。いつかみんな腕を上げて倒せる日が来ますからその日を待ち続けて必ず勝ちたいです。

コメント

  1. おしゃれ装備のために日課にするのでこれくらいの難易度の方が助かります
    やっぱり野良が気楽にできる方がいいと思うなあ
    難しい方がいいって人は色々勝手に縛ればいいかと

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました