エルデンリング ノクローン探索 その3(終) ELDEN RING #24

エルデンリング ノクローン探索 その3(終) ELDEN RING #24
スポンサーリンク

永遠の都ノクローン探索は終わり!

英雄のガーゴイルを倒した後の続きです。英雄のガーゴイルへのルートが行き止まりと判明したので改めて探索のし直しをする事になったのでした。

永遠の都 ノクローン 正規ルート見つかる

正規ルートは思ったよりもあっさりと見つかりました。

ボス”写し身の雫”と戦った場所から改めて探索を始めたのですが橋の途中からふと…本当にふと望遠鏡で建造物の方を覗いていたらいたのです黒いスライイムが…。

プレイヤーが行けない場所に敵をわざわざ配置するとは思えません。そこでこの場所を舐めるように観察しているとあったのです。

エルデンリング ノクローン探索 その3(終) ELDEN RING #24

黒スライムのいるフィールドへ繋がっていると覚しき場所が。火を灯す祭壇も見えます。あそこから行く事が出来そうです。

エルデンリング ノクローン探索 その3(終) ELDEN RING #24

という事で来てみました。左手に見えるのが橋になります。この場所にはご丁寧に祝福まで用意しておりプレイヤーに見つけやすくしてくれているみたいです。

ここから建造物のある方へ飛び降りて先へ進むことが出来ます。

エルデンリング ノクローン探索 その3(終) ELDEN RING #24

この場所は”夜の神域”という場所の様です。

こちらのルートは信じられないほど苦労した英雄のガーゴイルルートに比べると短くそして簡単です。

ボスとして出現した変身する黒スライムが複数登場しますが大変な敵はそれくらい。

祖霊の王と英雄のガーゴイルは本当に戦う必要なかったんだ…。

夜の神域を行く

夜の神域は短い分岐はあるものの基本は一本道となっています。建物の外壁を周り建物内部へそしてまた外へ…それで終わりです。

エルデンリング ノクローン探索 その3(終) ELDEN RING #24

石剣の鍵を使って進む道の先にあった宝箱の中身は伝説の遺灰”写し身の雫の遺灰”。HPを消費して自分の分身を生み出せる遺灰です。

永遠の都が王を創らんとした遺物…らしい。

FP消費ではなくHP消費という所が使いやすくて良いです。これまでに”伝説の遺灰”なるものを幾つか入手しましたがFP消費が多くて使えないものばかり。伝説の遺灰は扱いが難しいのです。

建物内部を下に降りるとデカい玉。上からこの玉を観察していたらこのデカい玉に斬りかかる誰かの過去の映像が見えたのでピンと来てはいました。

エルデンリング ノクローン探索 その3(終) ELDEN RING #24

うむ。変幻自在に動き出すデカい玉。コイツは素早く建物外へ移動して外から攻撃すると楽に倒す事が出来ます。玉の周りにいる人も勝手に玉の攻撃に巻き込まれて死んでいきます。愉快愉快。

永遠の都ノクローン 終着点で手に入れたもの

デカい玉を撃破し道を進むと左に祝福が見えます。これが夜の神域では最後の祝福となります。

長かった永遠の都ノクローン探索もそろそろ終盤。すわボス戦かと思いきやこの正規ルートにはボス戦は無いのです。

エルデンリング ノクローン探索 その3(終) ELDEN RING #24

人間やら巨人の姿に変化する黒スライム達を倒していくと奥にあるのは建造物が1つ。写し身の雫の遺灰はアグレッシブに動いていくれて頼りになります。めっちゃ打たれ弱いですけど。

エルデンリング ノクローン探索 その3(終) ELDEN RING #24

建物内にあった宝箱の中には”指殺しの刃”というアイテムが入っていました。これがノクローンの秘宝というヤツなのかな。

”永遠の都ノクローンの秘宝 遺体から生まれたとされる刃 永遠の都の大逆の証でありその滅びを象徴する血濡れた呪物 運命なき者には振るうことは出来ず大いなる意志と その使いたちを傷つけることが出来るという”

指殺しの刃の解説全文です。

永遠の都ノクローンを創った人達は二本指を殺そうとして逆に滅ぼされてしまったみたいですね。

そしてそんな二本指を殺せる秘宝をラニは欲しがっている。運命なき者には振るうことが出来ない指殺しの刃も今のラニなら問題ないのでしょう。

スポンサーリンク

ラニの元に指殺しの刃を届ける

それでは早速御主人様にノクローンの秘宝をお届けです。

エルデンリング ノクローン探索 その3(終) ELDEN RING #24

ラニは秘宝を手に入れて特に嬉しいというわけでもなく言葉は少なめdした。『これで全てが揃った後は私が行くだけだ 私だけの暗き路を』いよいよ二本指を倒しに行くと言うことなのかな。

このあと軍師イジーに話を聞きに行くと『レナ あのお方がそう呼ぶ塔から 神人たる暗い道へと』という言葉が聞けました。そして『最後まで彼女に仕えてくだされ』と。

火山館と契約し二本指に楯突く立場となってしまった私ならたぶん最後まで仕えられるでしょう。大丈夫。

それにしても二本指、あちこちでめっちゃ嫌われてますね。円卓以外で二本指について肯定的に話す人って余り見たこと無い気がします。

とにかく二本指の駒にされるのが気に入らないって人ばかりに出会いますよ外の世界では…。

それではイジーの言っていたレナの塔へ…には行かず、まずはカーリアの書院へと向かおうと思います。

実はラニに指殺しの刃を届けたご褒美に”カーリアの逆さ像”というアイテムを貰ったのです。これはカーリアの書院の先へと進むことが出来なかった道をひらく事のできるアイテムです。

まずはこちらの探索をしようと思います。ずーーーっとこの場所は気になっていたので楽しみですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました