エルデンリング来た!! 動いた!! システム要件とは一体? ELDEN RING#1

エルデンリング来た!! 動いた!! システム要件とは一体? ELDEN RING#1
スポンサーリンク

本日(2022年2月25日)発売のエルデンリング早速遊んでみました

…その前に私のPC環境とエルデンリングのシステム要件について報告

エルデンリング来た!! 動いた!! システム要件とは一体? ELDEN RING#1

エルデンリングのシステム要件がとても高性能なPCパーツを要求するものだったので、自分の環境でちゃんと遊べるのか不安でしたがその心配は嬉しいことに杞憂に終わってくれました。

私のように低性能PCでウンウン唸っている人もおられると思うので報告です。

  • CPU・AMD Ryzen 5 2400G with Radeon Vega Graphics 3.60 GHz
  • MEMORY・16.0 GB
  • GPU・NVIDIA GeForce GTX 1650

上記の環境で1920×1080のフルスクリーン、グラフックの設定を中で遊んでみた所、CPUの使用率は40%前後、GPUの使用率は8%程でした。

高度なグラフックの設定だとまた状況が変わるのでしょうが、私の環境では概ね問題なく遊べています。時々FPSが急激に低下することはありますが…。

GPUは殆ど使っておらずCPU依存のソフトのようです。

という事で報告終わり!!

気になっていたシステム要件問題も無事クリアしたので エルデンリング早速遊びます。

まずはキャラクタークリエイトから

エルデンリング、スタートしてまず行うのはキャラクタークリエイト。いつものアレです。

最初に決めるのはキャラクターベース。職業になります。

エルデンリング来た!! 動いた!! システム要件とは一体? ELDEN RING#1

職と言ってもスタート時のパラメータや装備が少し違うだけです。将来なりたい自分の姿を想像してどの職にするかを考え、私は『侍』を選択しました。

侍は技量が高めの戦士です。ここから知力や信仰を少し上げて『魔法が少しだけ使える技量戦士』を作ろうかな、と思います。

職業が決まったら次は顔と体のお直し。

エルデンリング来た!! 動いた!! システム要件とは一体? ELDEN RING#1

今回のキャラクリも細かい調整が可能で頑張れば思い通りの顔を作ることも可能かも知れません。

しかし私は『ここでどんなに頑張って思い通りの顔を作ろうがゲーム内で反映されるのは全く別のモノ』という事をこれまでの経験で重々承知しているので30分程でサラッと終わらせてしまいました。

キャラクリが終わるとオープニングのデモが始まりエルデンリング、いよいよスタートとなります。

エルデンリングのストーリー?…聞かれても困るヨ

エルデンリングのストーリーは良く分かりません。というかこの会社の作るゲームのストーリーは理解できたためしがありません。

一応まとめると

エルデンリング来た!! 動いた!! システム要件とは一体? ELDEN RING#1

強力な力を持ったエルデンリングが砕けた事でクーデターみたいなものが起き永遠の女王マリカが行方不明になる(“隠れられた”だから亡くなったのかも)。

砕けたエルデンリングの破片をを手にしたマリカの子どもたち『デミゴット』がエルデンリングの力に歪み狂いその果てに『破砕戦争』を起こす。

エルデンリング来た!! 動いた!! システム要件とは一体? ELDEN RING#1

結果『大いなる意思』に見放されてしまう。

私の役目はそのエルデンリングの破片を持った人たちを倒し破片を回収する事みたいです…たぶん。

破片を持っている人らしき者の名も紹介されていましたが何処に居るかまでは不明。まあとにかく目に付いた人を全て倒していけば破片を持っている人にもそのうち出会えると思います…ハイ。

そして『エルデンリングに見え、エルデの王となれば良い』のです…良いらしいです。

チュートリアル開始 ようやく操作できるよ

デモが終わるとようやく自分のキャラクターが操作可能になります。最初のマップは『王を待つ礼拝堂』。特に複雑な構成などではなく、ただの一本道のマップです。

開かない扉が一つだけ。あとはオンライン用のアイテムが拾えるくらいで他には何もありません。

アイテムを適当に拾いつつ道なりに。

そして道の突き当たり、墓地のような所に入り更に奥へと進んで行くと突如BGMが変化!! ああ、もうボス戦なんだ。そうか、そうですか。

ボス戦、早くも来ました。

エルデンリング来た!! 動いた!! システム要件とは一体? ELDEN RING#1

ボスの名前は『接ぎ木の貴公子』と言います。手がいっぱいある。

盾の性能が低いのかこの人の攻撃、ガードしても体力がごっそりと削られてしまいます。それならば、とローリングで攻撃を躱そうとしましたが、あっさり斬られて死んじゃいました。

このあとデモが入り馬に乗った女性が登場。意味深なセリフ『やっと見つけたのだから』『この人はきっと、エルデンリングを求める』、を聞き終わるとチュートリアルの開始です。

チュートリアルは道なりに進んでいく度に強制的に説明画面が開き、事細かに教えてくれるので、このゲームの操作方法で迷うということは大分減るのではないかと思います。

チュートリアルの最後にはボス戦があり、ここで『ガードカウンター』のやり方を教えて貰えます。

ガードカウンターには敵の体勢を崩す効果があり、その体勢を崩した敵には致命の一撃を入れることが出来ます。

出し方が敵の攻撃をガードしてR2を押すだけなので、すごい簡単です。

ただ強靭度の高い敵には滅法弱いです。こちらのカウンターでは足止め出来ず硬直状態の所を斬りつられちゃいます。

エルデンリング来た!! 動いた!! システム要件とは一体? ELDEN RING#1

ボスを倒し更に道なりに進むとチュートリアルのスタート地点に戻ります。そして目の前の階段を登り扉を開けるとそこは果てしなく広がる世界『リムグレイブ』。

とうとう来たんだ…エルデンリングの広大な世界へ。

広い世界に圧倒されます…あの崖の上のお城みたいな所も行けるのかな…あ、なんか馬に乗った騎士みたいのがチラッと見える、ヤバい。

取り敢えずチュートリアルの舞台となった建物の周りを探検して鳥だの獣だのを狩ってみたり植物を採取したりしてみました。

素材集め、どうかお手柔らかに願いたいものです。

スポンサーリンク

エルデンリングの冒険はまだまだ続く(当然)

という事でチュートリアルが終わった所で一先ず終了。当たり前ですが冒険はまだまだ続きます。

次は遠くに見えた騎士と勝負!…はせずに回避できる安全なルートを探して先へと進もうと思います。北になるのかな…行けるところまで行ってみます。

エルデンリング来た!! 動いた!! システム要件とは一体? ELDEN RING#1

それにしてもお侍さん、この世界でめっちゃ浮いてますね。同郷の人とかこの世界にいるのかなあ…いるなら会いたいですね。なんだか背中に哀愁を感じます。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました